私は「Una」          今、恋をしている。


by unaandthelion
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

<   2008年 03月 ( 2 )   > この月の画像一覧

すいません

残業中、



たまたまあなたの近くで作業をしていた。



あなたが何か会話をしながら腕を振り回した、



その腕が私の顔面に直撃した。



咄嗟に私の口から出た言葉は、



痛い!でもなく、


イダっ!でもなく、


「すいませんっ!!」



だった。




痛かった、なのに、



あなたよりも先に、



咄嗟に、



すいませんなんて言葉を出した自分が恥ずかしかった。



こんな私を、



あなたはどう思っただろう。



私は、



こんな自分がすごく嫌だった。




惨めだった。







d0138489_0385525.jpg

[PR]
by unaandthelion | 2008-03-21 00:41

それでも・・・

倉庫に何個も積んであるダンボールの中から、



私は一枚のセーターを探しに走った。



お客様が待っている、急がなきゃ。



あなたは、丁度手の離せない仕事をしていた。



はずなのに・・・



後ろからあなたは走ってきた。



そして、重たいダンボールをドカっとよかして、



わざわざ探し出してくれている。



呆然とあなたの背中を眺めていた。



それでも・・・・






今日は本当に忙しかった。



残業、



そして、やっと仕事が片付いてみんなで出た。




私は、ファイルを忘れてみんなには先に帰ってて貰った。



売り場に一人戻って、



引き出しのファイルを取り、急いで外へでようとした。



姿勢のいい姿が前にぼやけて見える。



こちらへ歩いてくる。



もうみんな帰ったと思った。




あなたは、まっすぐこちらに歩いてきた。



「俺も、ネクタイ忘れたんだよね。」



くすりと二人は笑い、



二人はそのまますれ違った。



誰もいない。



だけど、そのまま私は小走りを止めることが出来なかった。



それでも・・・



あなたは、普段見せない優しい笑顔で、



「おつかれさま。」と言った。



何もない。



それでも・・・・


ただ、



忘れものをした、それが重なったというだけで、



それだけで充分な気持ちだった。




「偶然」が二人を引き寄せてくれているような気がする。




それが、たとえ、装った「偶然」だったとしても、



二人には、



それでも・・・・




偶然としか言えないのだ。




それでも・・・・



それでも・・・・



私は、



思いをあなたに伝える勇気がない。



d0138489_0245228.jpg

[PR]
by unaandthelion | 2008-03-21 00:30