私は「Una」          今、恋をしている。


by unaandthelion
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

ゼロの距離と、ゼロの視線

「はい。」 渡されたプリント。



半歩後ろから私の見ているプリントを覗き込んでは、



平然と説明を始めるあなた。



その距離は、



制服のブラウスから熱が伝わってくるくらい近くて、



背中に触れては離れ、



顔が熱くなった朝。






何か思い出したかのように突然隣に来て、




右肩にあなたが触れた瞬間、



何気なく半歩左にずれる私。



だけど、



あなたの足は同時に半歩左に移動していた。



右肩があなたとぴったり触れ合った。



それでも、



平然と、平然と、仕事の話を続ける二人。



目を合わさずに話す二人。




d0138489_23345616.jpg

[PR]
by unaandthelion | 2008-01-30 23:54